1. TOP
  2. 九州・沖縄
  3. 大村市にアフィリエイト塾はある?通うデメリット|長崎県

大村市にアフィリエイト塾はある?通うデメリット|長崎県

九州・沖縄  

副業アフィリエイト

副業が認められる企業が増えていく昨今、労働者にメリットがあるのかないのか実際わからないという人もいると思います。

残業できなくなって残業手当が無くなったり、業績悪化で給与アップが見込めなくなっても、マンションのローンや子供の学費など出費は待ったなしです。

そこで、自らでお金を稼ぐ方法を得るという答えを導き出すのは賢いことです。それにアフィリエイトは初期投資が少なくできる副業の一つなのでいいところをついていますよ!

アフィリエイト塾は大村市にある?

アフィリエイトの塾のようなところが大村市にあるかは、このサイトにたどり着いた時点で「大村市ではアフィリエイトを学べない(も同然)」と考えられます。

なぜかと言えば、アフィリエイトは特定のキーワードでネット検索をかけたときにブログやサイトを検索結果からアクセスを集めることで商品を売ったりするものだからです。

ということは、アフィリエイトを教えるところが「大村市 アフィリエイト」でネット検索した場合に検索結果の上位にいなかったら説得力がありません。

でも落胆することはありません。その理由はアフィリエイトは塾などに行かなくても以下のような教材だけで驚くほど稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アリフィエイトを教えてもらうメリット

アフィリエイト塾や教室

何を隠そう私もアフィリエイトで報酬を得ていますが、最初はワードくらいしか触れないレベルだったのでアフィリエイトの塾がないか探しました。

運良く都会に住んでいたので、通えるアフィリエイト教室に行くことが叶いました。

行ってみてわかったアフィリエイト教室のメリットは

  • 講師にすぐ質問できる
  • 家でもチャットなどで質問できる
  • 一緒に頑張れる仲間が見つかる
  • アフィリエイトの情報を共有できる

メリットを羅列すると「良さそう!」と感じるかもしれませんが、これが良いと思ってる時はおそらく稼げません

事実私もアフィリエイト塾に通ってみて最初はメリットを享受しましたが、稼げるようになり、よくよく考えてみると長く通う意味はないということを考えました。

そう感じたのは、仲間がいることで頑張れるのは最初だけだし、わからないこともネットで調べると出てくることも多いです(疑問はツールの使い方とかが多いし)。

さらに通えば誰でも稼げるかといえば、誰でも稼げるわけじゃないし、通う期間は関係ないという事実を目の当たりにしました。仲間で3年以上も通っているのに月10,000円以下という人もいました(月謝分ギリギリチャラ)。

唯一良かったのは通うことでその瞬間作業にはげめるというくらいです。といっても月に数回なので月謝分役立ったとは言えませんね。

逆に、通った私が思う教室に通うデメリットは、

  • 毎月お金がかかりトータルコストが高い(月1万で年12万円)
  • 知識は2〜3か月で十分得られる(それ以上は通う必要ない)
  • メインは作業なので月謝を払うのが疑問
  • 教えてもらうことに慣れて自分で稼ぐ力がつかない

アフィリエイトに必要なノウハウは2か月勉強すれば習得できる程度のものです。あとはただただ作業をすることが重要ですから、継続してお金がかかる教室はいらないと感じました。

確かに法改正や検索アルゴリズムの変化、流行り廃りなどによってノウハウも微妙に変わることもありえますが、それに関しては聞かなくともアフィリエイトの基本が身に付いたらおのずと自分で調べるようになります。

したがって、大村市でアフィリエイトの塾を探すよりも、基礎をびっちり詰め込んだ教材で勉強するほうが、初期コストがかからないし、自分で稼ぐ力も得られます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの各種やり方

アフィリエイトは商品を売りたい企業の代わりに宣伝役を引き受けて、自分のブログやWEBサイトで紹介し、商品を売った分だけ報酬がもらえるということになっています。

実際には企業と個人との間にASP(広告代理店のようなもの)が入って、ASP経由で報酬をもらうという仕組みです。

簡単に言うと、サービスを売りたい企業と広告を担う代理店(ASP)があって、自分は広告代理店の下請け業者みたいなものと考えるとわかりやすいと思います。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法にはいろいろタイプがあるのでご紹介しますね。

WEBサイト・ブログで紹介型

一番ポピュラーなやり方はブログやホームページで記事を書いて商品やサービスを案内する方法です。

簡単に使えるはてなブログやアメーバブログ、ライブドアブログなどの無料ブログから始めてもいいですし、自分でレンタルサーバーを借りてホームページを作るという方法になります。レンタルサーバーは操作も簡単で、月500円くらいでレンタルできますし、wordpressのブログテンプレートも無料で使えるものがあるので、初期コストがほとんどないことがわかると思います。

そして、宣伝したい商品を紹介するためにまとめた情報を記事にしてブログを更新していきます。

例を挙げると、大村市の名産である「大村市饅頭」というのを紹介する場合は、

「大村市饅頭を1つ食べたら病みつきになってしまった」

「大村市出身者だけが知っている超うまいお菓子とは」

「大村市出身だから大村市饅頭を家族で食べ倒した件」

「ギフトなら大村市名物の饅頭をあげれば間違いない」

「大村市に生まれてよかった!大村市饅頭がない人生はつまらん」

というような内容の記事を更新して大村市饅頭公式サイトへのリンクへ誘導します。

そして、ブログから報酬がでるようになれば、それが資産となり作業せずとも副収入が入るようになります。さらに、そういったブログをいくつも作成すると報酬は足し算式に増えて、現在の月給を上回ることだってできるのです。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSで売る方法

自分が持っているツイッターアカウントなどで発言力がある場合にはそれらの投稿で商品を宣伝することが可能です。

ただ、上の例のように大村市饅頭を紹介する場合、フォロワーがそれを欲しがっているかどうかは、商品ジャンルやフォロワーの年齢、性別などにもよるので売るのは難しいでしょう。

フォロワー数が数万いて、発言に影響力があれば不可能ではないですが、そんな人は他の手段で稼ぐことができているでしょう。

広告費を出す方法

広告を出すというのは、facebookやヤフーの広告に広告費を出して商品を売る方法です。

自分の商品じゃないものをお金を出して広告するのはイレギュラーですが、企業は商品が売れればOKなので利害関係は一致しています。

ですが、企業自身もネット広告で商品を宣伝している場合は、広告を出し合う状況になるため、広告の出稿を禁止している商材も多くあります。

検索結果に左右されずお金の力で強引に売るということで、労力は少ないですが潤沢な投資とマーケティング能力が必須になってきます。

アフィリエイトの知識なしに多額のお金をかけて広告を出稿するのはリスクがありすぎるのは誰でもわかることです。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!