1. TOP
  2. 九州・沖縄
  3. 宮古島市にアフィリエイト塾あるの?受講するデメリット|沖縄県

宮古島市にアフィリエイト塾あるの?受講するデメリット|沖縄県

九州・沖縄  

副業アフィリエイト

副業が認められる企業が出てきたりして、労働者にメリットがあるのかないのか判断に困る状況になってきています。

残業NGになり残業代が減ったり、会社の出し惜しみで給与やボーナスが減ったとしても、子供の高額な授業料や家のローンなど出費はかさむばかりです。

そこで、足りない分を自分で稼ぐという選択肢を持つのは至極当然です。そのなかでもアフィリエイトは初期費用がかからない副業なのでいいところをついていますよ!

宮古島市にアフィリエイトの塾はあるの?

宮古島市にアフィリエイトを学べる場所があるかは、このページを読んでいる時点で「宮古島市ではアフィリエイトを学べない(も同然)」と考えられます。

というのも、アフィリエイトは特定のキーワードでネット検索をかけたときに自分で作ったブログやWEBサイトを検索結果の上のほうに表示させるように対策することで商品を売ったりするものだからです。

ということは、アフィリエイトを教えるところが「アフィリエイト 宮古島市」でネット検索した時に検索結果の上位にいなかったら説得力がないですからね。

でもガッカリすることはありません。なぜかと言えば、アフィリエイトは教室などで学ばなくても以下のような教材だけで誰でも稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト塾に通うメリット・デメリット

アフィリエイト塾や教室

かくいう私もアフィリエイトを副業にしていますが、最初はワードくらいしか触れないレベルだったのでアフィリエイトの先生がいないか探しました。

運良く都会に住んでいたので、ある有名な教室に行くことが叶いました。

1年間行ってみてよかった点は

  • 対面ですぐ質問できる
  • 24時間いつでもチャットなどで質問できる
  • 同じ目標を持った人と交流できる
  • 稼いでいる人からの情報をもらえる

メリットを羅列すると「良さそう!」と感じる人もいると思いますが、これが必要な人っておそらく稼げません

実際に私は通ってみて上記のようなメリットを感じましたが、知識も身につき稼げるようになった時に、長く通う意味はないということを考えました。

その理由は、仲間はtwitterやASPのイベントなどでも見つけられるし、疑問点もネット検索で解決できます(質問は技術的なものが多くなるので)。

そして通い続けると収入が増えるかといえば、稼げない人もいるし、通う長さと報酬の上昇は関係ないというのが本当のところです。実際1年以上も通っているのに月の報酬が5,000円以下という人も(月謝分を稼いでるだけ)。

唯一良かったのは通う時は作業にはげめるというくらいです。といっても月に数回なので月謝分役立ったとは言えません。

逆に、行ったことで感じた教室に通うデメリットは、

  • 毎月の支出が痛い(月1万で年12万円)
  • ノウハウ自体は2〜3か月で理解できるので通う必要性を感じない
  • 聞くことが無くなると月謝を払う意味がない
  • 教えてもらうばかりだと自分で情報収集しなくなる

つまるところアフィリエイトの基本知識は2か月くらいで全部習得できる程度のものです。あとはひたすら作業をするかのほうが大切ですから、月謝を長く払い続けるのは無駄だと思います。

確かに検索結果が変動したり、売れ筋商品の変化によってやり方も微妙に変わる状況もありますが、それは教えてもらわずともアフィリエイトの知識が付けば言われなくても自分で調べるようになります。

ですから、宮古島市でアフィリエイト教室を探すよりも、基礎をびっちり詰め込んだ教材で勉強するほうが、初期投資も少ないし、自分で稼ぐ力が身につきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法

アフィリエイトは商品を広めたい企業の代わりに宣伝役を引き受けて、自分のブログやWEBサイトで紹介し、販売につながった分だけ報酬がもらえるということになっています。

実際には企業と個人との間にASP(広告代理店のようなもの)が仲介する形で、ASPを通して報酬をもらうということになっています。

簡潔に言えば、商品をいっぱい売りたい企業とその広告を受け持つ代理店(ASP)があって、自分は広告代理店の下請け業者みたいなものとイメージすればいいでしょう。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法にはいろいろタイプがありますのでご紹介します。

WEBサイト・ブログで紹介型

一番ポピュラーなやり方はブログやWEBメディアを持って商品を宣伝するという方法です。

すでにあるアメブロやライブドアブログなどの無料ブログから始めてもいいですし、自分でサーバーをレンタルしてWEBサイトを作るという感じです。サーバーと言っても月500円からレンタルできますし、wordpressのブログテンプレートも無料で使えるのが普通ですから、ランニングコストも少ないということがわかるでしょう。

そして、宣伝したい商品を直に使ってみた感想などを記事にしてブログを更新していきます。

例を挙げると、宮古島市の名産である「宮古島市フィナンシェ」というのを紹介する場合は、

「宮古島市フィナンシェって食べてみたら美味しかった件」

「宮古島市出身者も知らない隠れた名店の菓子を買ってみた」

「宮古島市出身として宮古島市フィナンシェを家族に紹介しないわけにはいかない」

「ギフトにぴったりな宮古島市名物のフィナンシェが美味すぎる」

「宮古島市に生まれてよかった!宮古島市フィナンシェがない人生はつまらん」

というような内容の記事を執筆して宮古島市フィナンシェ公式サイトのリンクを貼って誘導します。

この方法で一度稼げるブログを作ることができれば、それが資産となり作業をしなくてもお金が入ってくるようになります。そして、それをいくつか作ることができれば報酬は数倍になり、今の給料を超えることだって可能です。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSを使った方法

自分のインスタやtwitterでフォロワーが多い場合にはSNSへの投稿で商品を宣伝することが可能です。

ですが、上記のように宮古島市フィナンシェを売る場合、フォロワーがそれを欲しがっているかどうかは、商品の種類やフォロワーの年代、性別なども考慮しないと難しいです。

数万人規模のフォロワーがいて、影響力があるのであれば可能ですが、そういう人はアフィリエイトに頼らずとも稼ぐことができているでしょう。

広告を出すアフィリエイト

広告出稿型アフィリエイトというのは、Yahooやfacebookなどの広告に広告費を投じて商品を宣伝する方法です。

自分が販売者でないのに広告費を出して宣伝するのはイレギュラーですが、企業は商品が売れさえすればいいのでとくに問題はありません。

ただし、企業自身が広告を出稿している場合には、広告費の競争になってしまうので、ネット広告でアフィリエイト商材の紹介を禁止しているところもあります。

検索結果に左右されずお金の力で強引に売るというのは簡単そうに思えますが、潤沢な投資とマーケティング能力が必須になってきます。

アフィリエイトの知識がゼロでコストをかけて広告を出すのはリスクが高すぎるのは想像に難くありません。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!