1. TOP
  2. 九州・沖縄
  3. 宮古郡にアフィリエイト塾あるの?受けるメリットとは|沖縄県

宮古郡にアフィリエイト塾あるの?受けるメリットとは|沖縄県

九州・沖縄  

副業アフィリエイト

副業が認められる企業が出てくるなど、サラリーマンにとって良いことなのか悪いことなのか判断に困る状況になってきています。

残業禁止で残業代に期待できなくなったり、会社の出し惜しみで給与やボーナスが減ったとしても、子供の大学の学費や住宅ローンの支払いなど出費はかさむばかりです。

そうした社会状況で、自らでお金を稼ぐ方法を得るという結論を出すのは自然なことでしょう。その中でもアフィリエイトはお金がほとんどかからない副業のひとつですからリスクがありません。

アフィリエイト塾は宮古郡にある?

アフィリエイト教室が宮古郡にあるかは、このWEBサイトを見ている時点で「宮古郡にアフィリエイトの塾は無い(も同然)」と言えると思います。

その理由としてアフィリエイトは、特定のキーワードで検索した時に自分で作ったブログやWEBサイトを検索結果の上のほうに表示させるように対策することで商品の宣伝をするものだからです。

つまり、アフィリエイトを教えようという教室が「宮古郡 アフィリエイト」でネット検索した時にサイトにたどり着けなかったら、教えるだけのノウハウがあるの?って感じです。

でも落ち込むことはありません。というのもアフィリエイトは人に教えてもらわなくても以下のような教材だけで驚くほど稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト教室のメリットとデメリット

アフィリエイト塾や教室

何を隠そう私もアフィリエイトで報酬を得ていますが、最初は全くIT関係の知識がなかったのでアフィリエイトを教えてもらえるところを探しました。

運良く都会に住んでいたので、某アフィリエイト教室に通うことができました。

そこで感じたアフィリエイト教室のメリットは、

  • 稼いでる人にすぐ質問できる
  • 24時間いつでもチャットなどで質問できる
  • 一緒に作業できる仲間ができて頑張れる
  • アフィリエイトの情報を共有できる

メリットだけみると「いいね!」と思うんですが、これが良いと思ってる時はおそらく稼げません

事実私も通ってみて上記にメリットを感じましたが、報酬が出るようになり、よく考えてみたら月謝を払い続ける必要のないことを理解しました。

その理由は、仲間がいないと頑張れないのは言い訳だし、疑問点もネット検索で解決できます(たいていは技術的なことだから)。

さらに通えば誰でも稼げるかといえば、全員が稼げないし、報酬は増え続けるわけでもないという事実があります。実際に2年以上も通っているのに月の報酬が10,000円以下という人もいました(月謝分を稼いでるだけ)。

役立ったこともあります。通う日だけは作業に没頭することができるというくらいです。それも通うのは月2回だったのでそこまで役立ったとは言えません。

逆に、行ったからわかった教室に通うデメリットは、

  • 継続してコストがかかる(月謝1万で年12万円)
  • 知識は2〜3か月で十分得られる(それ以上は通う必要ない)
  • 聞くことが無くなると月謝を払う意味がない
  • 教えてもらうばかりだと自分で考えない

結局アフィリエイトのノウハウは2か月もあれば十分に習得できる程度なんです。あとは必死に作業をすることが大切なので、毎月お金を払う塾みたいなところは必要ないと思います。

確かに検索結果が変動したり、売れ筋商品の変化によってやり方も微妙に変化していきますが、そこは教えてもらわなくてもアフィリエイトを始めたら情報は自分で調べられるようになっています。

したがって、宮古郡でアフィリエイトの塾を探すよりも、基礎をびっちり詰め込んだ教材で勉強するほうが、初期コストも少ないし、自分で稼ぐ力も養えます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの各種やり方

アフィリエイトは商品を広めたい企業の代わりに宣伝役を引き受けて、自分のブログやWEBサイトで紹介し、売れれば売れた分だけ報酬がもらえるという仕組みです。

細かく言えば、企業と自分との間にASP(広告代理店みたいなもの)が介在して、ASPのほうから報酬をもらうという仕組みです。

簡単に言えば、商品を売りたい企業とその広告を受け持つ代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者と考えればよくわかります。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの進め方にはいくつか方法がありますのでご紹介します。

WEBメディア・ブログ運営タイプ

多くの人が実践しているやり方はWEBサイトやブログを自分で作って商品やサービスを案内する方法です。

誰でも知ってるライブドアブログやはてなブログ、アメーバブログなどの無料のブログでも良いですし、自分でレンタルサーバーを借りてホームページを作るというのが一般的です。サーバーは高そうなイメージですが、月500円からレンタルできますし、wordpressのテンプレートも無料で使えるものがあるので、初期投資がほとんどいらないのがおわかりでしょう。

あとは、宣伝したいサービスを利用した乾燥などを記事に起こしていきます。

例えば宮古郡の名物である「宮古郡ビスケット」という商品を宣伝するなら、

「宮古郡ビスケットを1つ食べたら病みつきになってしまった」

「宮古郡出身者がひた隠しにする教えたくない銘菓とは」

「宮古郡出身として宮古郡ビスケットを家族に紹介しないわけにはいかない」

「ギフトに最適な宮古郡名物のビスケットを知っているか」

「宮古郡に生まれたからには宮古郡ビスケットを勧めない理由がない」

といった内容の記事を更新して宮古郡ビスケット公式サイトのリンクを貼って誘導します。

この方法で一度稼げるブログを作ることができれば、それが資産となり作業せずとも副収入が入るようになります。さらに、そのようなブログをたくさん作ることで報酬は倍々になり、現在の月給を上回ることだってできるのです。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSで紹介するやり方

自分が持っているツイッターアカウントなどで発言力があったらSNSの投稿で商品を紹介することもできます。

ただ、上の例のように宮古郡ビスケットを紹介する場合、フォロワーに購入意欲があるかどうかは、商品ジャンルやフォロワーの年齢、性別などによって変わるので売るのは難しいかもしれません。

相当フォロワー数がいて、インフルエンサー的な立ち位置にいるなら可能でしょうが、そういう人はアフィリエイト以外で稼いでいると思いますが。

広告出稿型アフィリエイト

広告でアフィリエイトというのは、ヤフーやフェイスブックなどの広告に広告費を投じてアフィリエイト商品を紹介する方法です。

自分の商品ではないものにお金を出して宣伝するというのはおかしいですが、企業としては商品販売が目的なので販売手段はなんでもいいのです。

ただし、企業もネット広告を出稿している場合は、広告で競争になってしまうので、アフィリエイトでネット広告を禁止している商品もあります。

検索順位を上げずともお金の力で強引に売るというのは近道ですが、お金とマーケティング能力が相当必要になってきます。

アフィリエイトの知識がゼロでコストをかけて広告を出すのはリスクが大きすぎるのはすぐわかりますよね。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!