1. TOP
  2. 九州・沖縄
  3. 島尻郡にアフィリエイト塾が?行くメリットって|沖縄県

島尻郡にアフィリエイト塾が?行くメリットって|沖縄県

九州・沖縄  

副業アフィリエイト

副業が認められる企業が出てきたりして、労働者にメリットがあるのかないのかわからないという人も多いでしょう。

残業禁止で残業代に期待できなくなったり、不況による賃金上昇が見込めなくなったりしても、子供の大学の学費や住宅ローンの支払いなど出費はかさむばかりです。

そんな中、収益源をもう一つ持つという結論を出すのは当たり前です。それにアフィリエイトは初期コストが少ない副業の一つなので低リスクで始められます。

アフィリエイト教室は島尻郡にある?

島尻郡にアフィリエイト教室があるかどうかは、このホームページに来ている時点で「島尻郡にはアフィリエイトを学ぶ場所は無い(も同然)」なんです。

なぜかと言えば、アフィリエイトは特定のキーワードでネット検索をかけたときに自分で作ったブログやWEBサイトを検索結果の上のほうに表示させるように対策することで商品の紹介をするものだからです。

つまり、アフィリエイトを教えようという教室が「アフィリエイト 島尻郡」で検索した時に検索結果から見つけられなかったら説得力がありません。

でも落ち込むことはありません。その理由はアフィリエイトは塾などに行かなくても以下のような優秀な教材があれば稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト学校に行くメリット・デメリット

アフィリエイト塾や教室

実は私はアフィエイトで副収入を得ていますが、最初はワードくらいしか触れないレベルだったのでアフィリエイトの塾がないか探しました。

運良く都市部に住んでたので、某アフィリエイト教室に通学することができました。

そこで感じたアフィリエイト教室のメリットは、

  • 直接先生にすぐ質問できる
  • 家でもチャットなどで質問できる
  • 同じ目標を持った人と交流できる
  • 稼いでいる人からの情報をもらえる

メリットだけみると「いいね!」と感じる人もいると思いますが、これが必要だと感じている人はおそらく稼げません

事実私も通ってみてはじめはメリットがあると思いましたが、ノウハウを得て報酬が出だす頃には、通い続ける必要がないなぁと思い始めました。

なぜかといえば、仲間がいないと頑張れないのは言い訳だし、疑問点もネット検索で解決できます(疑問はツールの使い方とかが多いし)。

また、通い続けることが収入の増加につながるかといえば、期間と報酬は比例しないし、稼げない人もいたという事実を目の当たりにしました。実際1年以上も通っているのに月10,000円以下という人もいました(月謝分ギリギリチャラ)。

役立ったこともあります。通う時は作業に没頭することができるというくらいです。といっても月に数回なので月謝分役立ったとは言えません。

逆に、行ったからわかったアフィリエイト塾に通うデメリットは、

  • 月謝なのでトータルコストが高い(月1万で年12万円)
  • 知識は2〜3か月で習得できる(長く通う必要ない)
  • メインは作業になると月謝のコストが痛い
  • 教えてもらうばかりだと自分で情報収集しなくなる

結局アフィリエイトに必要な知識は2か月くらいで全部習得できる程度のものです。あとはただただ作業できるかのほうが大事なので、月謝を払い続けるというのは必要ないと思います。

確かに検索順位の変動や流行り廃りなどによってノウハウも微妙に変わる状況もありますが、それに関しては聞かなくともアフィリエイトの知識が付けば自分で調べる力もついています。

したがって、島尻郡でアフィリエイトの塾を探すよりも、ノウハウが自分のペースで習得できる教材のほうが、初期コストがかからないし、自分で稼ぐ力も得られます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの各種やり方

アフィリエイトは商品やサービスを売りたい企業の代わりに広報的な役割を引き受けて、自身のWEBサイトやブログで紹介し、そこで商品が売れたら報酬がもらえるというシステムです。

詳しく書くと企業と自分との間にASP(広告代理店的な感じ)が仲介する形で、ASPを通して報酬をもらうという仕組みになります。

簡単に言えば、商品を売りたい企業とその広告代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者的な役割と考えるとわかりやすいと思います。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法はいくつかタイプがあるのでご紹介します。

WEBサイト・ブログで紹介型

多くの人が実践しているやり方は自身でWEBサイトやブログを作って商品を紹介するやり方です。

誰でも知ってるライブドアブログやはてなブログ、アメーバブログなどの無料のブログだって使えるし、自分でレンタルサーバーを借りてwordpressでブログを作るというのが基本です。サーバーは高そうなイメージですが、月500円からレンタルできますし、wordpressのブログテンプレートも無料で使えるものがありますから、ランニングコストも少ないということがわかるでしょう。

あとは、紹介したい商品を直に使ってみた感想などを記事にしてwebサイトを作っていきます。

例えば島尻郡の名物である「島尻郡クッキー」というのを宣伝する場合は、

「島尻郡クッキーはうますぎて依存してしまうので注意w」

「島尻郡出身者も知らない隠れた名店の菓子を買ってみた」

「島尻郡出身なので島尻郡クッキーを家族に勧めてみた」

「贈り物に最適!島尻郡名物のクッキーは誰もがハマる美味さ」

「島尻郡出身者歓喜!島尻郡クッキーがモンドセレクションを受賞」

といった内容の記事を執筆して島尻郡クッキー公式サイトに来訪者を誘導します。

こうして報酬の上がるブログが作れれば、それが資産となり、何もしなくても継続的にお金が入るようになります。さらに、そういったブログをいくつも運営できれば報酬はどんどん増えて、現在の月給を超えることも可能です。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSで紹介するやり方

自分のインスタやtwitterでフォロワーが多く拡散が期待できるときは、投稿で宣伝することも可能です。

ただ、上の例のように島尻郡クッキーを紹介する場合、フォロワーがそれを欲しがっているかどうかは、商材の種類やフォロワーの世代、性別などにもよるので売るのは難しいでしょう。

フォロワーが相当数いて、インフルエンサーくらい発言力があれば可能でしょうが、そういう人はアフィリエイト以外で稼げるんじゃないでしょうか。

広告出稿型アフィリエイト

広告を出すアフィリエイトというのは、ヤフーやfacebookなどのネット広告に広告費を投じてアフィリエイト商品を紹介する方法です。

自分が販売者でないのに広告費を出して宣伝するのはイレギュラーですが、企業としてはどんな形でも売れればいいのでお互いウィンウィンの関係となります。

しかし、企業自身がその商品の広告を出している場合は、広告で競争になってしまうので、広告の出稿を禁止している商材も多くあります。

検索順位を上げずにネット広告(お金)で強引に売るということで、時間こそかかりませんが、潤沢な投資とマーケティング能力が必須になってきます。

アフィリエイトの知識なしに多額のお金をかけて広告を出稿するのはリスクがありすぎるのは誰でもわかることです。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!