1. TOP
  2. 九州・沖縄
  3. 曽於市にアフィリエイト塾ってある?学ぶデメリット|鹿児島県

曽於市にアフィリエイト塾ってある?学ぶデメリット|鹿児島県

九州・沖縄  

副業アフィリエイト

働き方改革や副業を認める企業が出てくるなど、労働者にとっては良いのか悪いのか判断に困る状況になってきています。

残業が許されなくなり給与が減ったり、先行き不透明で給与上昇が期待できなくても、子供の高額な授業料や家のローンなど支払いは待ってくれません。

そこで、自らでお金を稼ぐ方法を得ると考えるのは当然です。そしてアフィリエイトはお金がほとんどかからない副業のひとつですから目の付け所は良いでしょう!

曽於市にアフィリエイト教室はあるの?

アフィリエイトの塾のようなところが曽於市にあるかは、このWEBサイトを見ている時点で「曽於市ではアフィリエイトを学べない(も同然)」と考えられます。

なぜならアフィリエイトは、特定のキーワードを入れて検索した時に自分で作ったブログやWEBサイトを検索結果の上のほうに表示させるように対策することで商品を売ったりするものだからです。

つまり、アフィリエイトを教えようという教室が「アフィリエイト 曽於市」で検索した時にサイトにたどり着けなかったら、本当に教えれるの?って感じです。

でもガッカリすることはありません。なぜならアフィリエイトは教室に通わなくても以下のような教材だけでノウハウは十分に得られるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アリフィエイトを教えてもらうメリット

アフィリエイト塾や教室

実は私もアフィリエイトによって収入を得ていますが、最初はwordpressって何?ってレベルだったのでアフィリエイトを教えてくれる場所を探しました。

幸い都市部に住んでいたこともあって、某アフィリエイト教室に行くことができたのです。

そこで感じたアフィリエイト教室のメリットは、

  • 対面ですぐ質問できる
  • 時間外でもチャットなどで質問できる
  • 仲間がいるのでやる気が出る
  • 稼いでいる人からの情報をもらえる

メリットだけみると「いいね!」と思うんですが、これが良いと思ってる時はおそらく稼げません

実際に私は通ってみて上記のようなメリットを感じましたが、稼げるようになり、よくよく考えてみると「長期的に通う」必要のないものだったと感じました。

なぜかというと、仲間がいないとできないというのは言い訳だし、質問もネット検索で済む場合も多いです(技術的な疑問になってくるので)。

さらに通えば誰でも稼げるかといえば、期間と報酬は比例しないし、稼げない人もいたという現実があります。同じ教室の生徒で12ヶ月以上も通っているのに月3,000円以下という人もいました(月謝分チャラですね)。

唯一良かったのは通う日だけは作業に集中できるということくらいです。それも通うのは月2回だったので実際はあまり役立ってるとは言えませんね。

逆に、行ったからこそ言えるアフィリエイトの塾に通うデメリットは、

  • 継続してコストがかかる(月謝1万で年12万円)
  • 知識は2〜3か月で十分得られる(それ以上は通う必要ない)
  • メインは作業なので月謝を払うのが疑問
  • 教えてもらうばかりだと自分で考えない

結局アフィリエイトに必要な知識は2か月くらいで全部習得できる程度なんです。あとは時間を作って作業をすることが大事なので、月謝を払い続けるというのはいらないと感じました。

確かに検索順位の変動や流行などによってやり方も微妙にずれていくこともありますが、それに関しては聞かなくともアフィリエイトの知識が付けば自分で調べる力もついています。

ですから、曽於市でアフィリエイト教室を探すよりも、ノウハウが自分のペースで習得できる教材のほうが、初期コストがかからないし、自分で稼ぐ力も得られます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの種類

アフィリエイトは商品やサービスを売りたい企業の代わりに広告宣伝を請け負い、ブログやWEBサイトで紹介し、そこから商品が売れたら報酬がもらえるという仕組みです。

詳しく書くと企業と自分との間にASP(広告代理店的な感じ)が介在して、ASPのほうから報酬をもらうという仕組みです。

要約すると、商品を売りたい企業とその広告代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者的な役割と考えればよくわかります。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法はいくつかタイプがありますのでご紹介します。

WEBメディア・ブログ運営タイプ

一番メジャーで基本と言えるやり方はブログやWEBメディアを持って商品を紹介するやり方です。

簡単に使えるはてなブログやアメーバブログ、ライブドアブログなどの無料のブログだって使えるし、自分でレンタルサーバーを借りてwordpressでブログを作るという感じです。サーバーは高そうなイメージですが、月500円からレンタルできますし、wordpressのインストールも無料でできるのが普通ですから、ランニングコストも少ないということがわかるでしょう。

あとは、宣伝したいサービスを紹介するためにまとめた情報を記事にしてwebサイトを作っていきます。

例えば曽於市の名産である「曽於市饅頭」というのを宣伝するときは、

「曽於市饅頭を1つ食べたら病みつきになってしまった」

「曽於市出身者がひた隠しにする教えたくない銘菓とは」

「曽於市出身としては曽於市饅頭を家族に勧めないわけにはいかない」

「贈り物に最適!曽於市名物の饅頭は誰もがハマる美味さ」

「曽於市に生まれてよかった!曽於市饅頭がない人生はつまらん」

という感じで記事を執筆して曽於市饅頭公式サイトへのリンクへ誘導します。

そして、報酬が出るブログができてしまえば、それが資産となり作業せずとも副収入が入るようになります。さらに、そういったブログをいくつも運営することで報酬はどんどん増えて、今貰っている月収を超えることだって可能です。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSで紹介するやり方

自分がtwitterやインスタグラムなどでフォロワーが多く拡散が期待できるときは、投稿で商品を宣伝することが可能です。

ただし、先ほどの例のような曽於市饅頭を紹介する場合、フォロワーがそれを欲しがっているかどうかは、商品ジャンルやフォロワーの年齢、性別などで変わってくるので売るのは難しいこともあります。

フォロワー数が数万いて、発言に影響力があれば可能ですが、そういう人はアフィリエイトに頼らずとも稼げるんじゃないでしょうか。

広告出稿型

広告出稿型アフィリエイトというのは、Yahooやfacebookなどの広告に広告費を投じて商品を宣伝する方法です。

自分の商品じゃないものに広告費を使うというのは変な話ですが、企業としては商品販売が目的なのでwin winの関係となります。

ただ、企業もネット広告を出している場合は、広告を出し合う状況になるため、ネット広告でアフィリエイト商材の紹介を禁止しているところもあります。

検索順位を上げなくても広告費を使って売るというのは簡単そうに思えますが、広告費とライティング能力がかなり必要になります。

アフィリエイトの知識が何もないのにいきなりお金をかけて広告を出すのはリスクがありすぎるのは誰でもわかることです。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!