1. TOP
  2. 九州・沖縄
  3. 東彼杵郡にアフィリエイト塾の存在?学ぶメリットとは|長崎県

東彼杵郡にアフィリエイト塾の存在?学ぶメリットとは|長崎県

九州・沖縄  

副業アフィリエイト

副業が認められる企業が出現するなど、働き手にメリットが本当にあるのか実際わからないという人もいると思います。

残業が許されなくなり給与が減ったり、先行き不透明で給与上昇が期待できなくても、子供の大学の学費や住宅ローンの支払いなど出費はかさむばかりです。

そんな中、足りない分を自分で稼ぐという結論を出すのは当たり前です。それにアフィリエイトは初期費用がかからない副業なのでいいところをついていますよ!

アフィリエイト教室は東彼杵郡にある?

東彼杵郡でアフィリエイトが学べるかは、このWEBサイトを見ている時点で「東彼杵郡にアフィリエイトの塾は無い(も同然)」と言えると思います。

その理由としてアフィリエイトは、特定のキーワードでネット検索をかけたときに自社のHPなどを検索結果の上位に表示させること(SEO対策)で商品を売ったりするものだからです。

つまり、アフィリエイトを教えようという教室が「アフィリエイト 東彼杵郡」でネット検索した時に上位表示されていなかったら、教えるだけのノウハウがあるの?って感じです。

でも悲観することはありません。というのもアフィリエイトは人に教えてもらわなくても以下のような教材だけで十分に稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アリフィエイトを教えてもらうメリット

アフィリエイト塾や教室

かくいう私もアフィリエイトで副収入を稼いでいますが、最初はブログも書く知識すらなかったのでアフィリエイトを教えてもらえるところを探しました。

運良く都心に住んでいたので、とある教室に通学することができました。

そこで感じたアフィリエイト教室のメリットは、

  • 講師にすぐ質問できる
  • 24時間いつでもチャットなどで質問できる
  • 仲間がいるのでやる気が出る
  • 稼いでいる人のノウハウが聞ける

メリットを羅列すると「良さそう!」と思うんですが、これが良いと思ってる時はおそらく稼げません

実際私も通ってみて上記のようなメリットを感じましたが、稼げるようになり、よくよく考えてみると通い続ける必要がないなぁと思い始めました。

その理由は、仲間がいないとできないというのは言い訳だし、質問は最初こそありますが、知識が付くとネット検索で十分になります(質問は技術的なものが多くなるので)。

そして通い続けると収入が増えるかといえば、期間と報酬は比例しないし、稼げない人もいたという事実を目の当たりにしました。実際に2年以上も通っているのに月の報酬が5,000円以下という人も(月謝分も稼げてない)。

良かったことといえば通う日だけは作業に熱中できるということくらいです。それも月2回とかだからそこまで役立ったとは言えませんね。

逆に、行ったからわかったアフィリエイトの教室に通うデメリットは、

  • 継続してコストがかかる(月謝1万で年12万円)
  • ノウハウは2〜3か月で体得できる(長期に行く必要ない)
  • メインは作業になると月謝のコストが痛い
  • 教えてもらうことに慣れて自分で稼ぐ力がつかない

結局アフィリエイトに必要な知識は2か月もあれば十分に習得できる程度のものです。その後はがむしゃらに作業できるかのほうが大事なので、月謝を払い続けるというのは無駄かもしれません。

確かに検索順位の変動や流行などによってやり方も微妙に変わる状況もありますが、そこは教えてもらわなくてもアフィリエイトの基本ができていたら自分で調べられるようになっています。

ということで、東彼杵郡でアフィリエイト教室を探すよりも、基本知識がキッチリと学べる教材のほうが、初期コストがかからないし、自分で稼ぐ力も得られます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトのいろんなやり方

アフィリエイトは商品を売りたい企業の代わりに広告宣伝を請け負い、ブログやWEBサイトで紹介し、そこで商品が売れたら報酬がもらえるというシステムです。

実際には企業と個人との間にASP(広告代理店のようなもの)が仲介する形で、ASPを通して報酬をもらうという仕組みです。

わかりやすく言えば、商品をたくさん売りたい企業とその広告を受け持つ代理店(ASP)があって、自分は広告代理店の下請け業者みたいなものと考えるとわかりやすいと思います。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

また、アフィリエイトのやり方にはいろいろ方法がありますので少しご紹介します。

WEBサイト・ブログで紹介型

多くの人が実践しているやり方はWEBサイトやブログを自分で作って商品を紹介するやり方です。

有名なはてなブログやライブドアブログなどの無料ブログで始めてもいいですし、自分でレンタルサーバーを借りてwordpressでブログを作るという方法になります。レンタルサーバーは操作も簡単で、月500円くらいでレンタルできますし、wordpressのインストールも無料でできるということで、初期コストがほとんどないことがわかると思います。

そのあとは、宣伝したい商品を利用した乾燥などを記事にしてブログを作っていきます。

例えば東彼杵郡の名物である「東彼杵郡ビスケット」という商品を宣伝するなら、

「東彼杵郡ビスケットを食べてみた素直な感想」

「東彼杵郡出身者がこぞってお土産に持ってくる銘菓とは」

「東彼杵郡出身なので東彼杵郡ビスケットを家族に勧めてみた」

「ギフトにぴったりな東彼杵郡名物のビスケットが美味すぎる」

「東彼杵郡に生まれてよかった!東彼杵郡ビスケットがない人生はつまらん」

といった感じで記事を更新して東彼杵郡ビスケット公式サイトのリンクを貼って誘導します。

そして、ブログから報酬がでるようになれば、それが資産となり作業せずとも副収入が入るようになります。さらに、そのようなブログをたくさん作ることができれば報酬は数倍になり、勤めている会社の給与を上回るのも夢ではありません。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSで紹介するやり方

自分のインスタやtwitterで発言力があったらSNSの投稿で商品を紹介することもできます。

ただし、上の例のように東彼杵郡ビスケットを売る場合、フォロワーがそれを求めているかどうかは、商品の種類やフォロワーの年代、性別などで変わってくるので売るのは難しいこともあります。

フォロワーが相当数いて、インフルエンサーくらい発言力があれば不可能ではないですが、そんな人は他の手段で稼いでいるでしょうけど。

広告出稿型

広告出稿型というのは、ヤフーやfacebookなどの広告に広告費を使って商品を紹介する方法です。

他人の商品を広告費を使って宣伝するのはイレギュラーですが、企業は商品が売れさえすればいいのでとくに問題はありません。

ただし、企業もネット広告を出稿している場合は、広告費の競争になってしまうので、アフィリエイトで広告出稿を禁じているものもあります。

検索順位を上げなくても広告費を使って売るというのは近道ですが、潤沢な投資とマーケティング能力が必須になってきます。

アフィリエイトの知識なしに多額のお金をかけて広告を出稿するのはリスクが大きすぎるのはすぐわかりますよね。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!