1. TOP
  2. 九州・沖縄
  3. 筑紫郡にアフィリエイト塾はある?行くメリットって|福岡県

筑紫郡にアフィリエイト塾はある?行くメリットって|福岡県

九州・沖縄  

副業アフィリエイト

副業が認められる企業が出てきたりして、労働者にメリットがあるのかないのかわからないという人も多いでしょう。

残業できなくなって残業手当が無くなったり、会社の出し惜しみで給与やボーナスが減ったとしても、子供の大学の学費や住宅ローンの支払いなど出費はかさむばかりです。

そんな中、足りない分を自分で稼ぐと考えるのは当然です。そしてアフィリエイトは初期費用がかからない副業ですから目の付け所は良いでしょう!

アフィリエイト教室は筑紫郡にある?

筑紫郡にアフィリエイトを学べる場所があるかは、このサイトに訪問した時点で「筑紫郡にアフィリエイトの塾は無い(も同然)」と言えると思います。

その理由としてアフィリエイトは、特定のキーワードを入れて検索した時に自社のHPなどを検索結果の上位に表示させること(SEO対策)で商品を販売に結び付けるものだからです。

つまり、アフィリエイトを学べるという教室が「筑紫郡 アフィリエイト」でネット検索した場合に上位表示されていなかったら説得力がないですからね。

でも落胆することはありません。なぜかと言えば、アフィリエイトは教室などで学ばなくても以下のような教材だけで驚くほど稼げるようになるからです。

>>最速で稼ぐことができるアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイト学校に行くメリット・デメリット

アフィリエイト塾や教室

かくいう私もアフィリエイトを副業にしていますが、最初は全くIT関係の知識がなかったのでアフィリエイトを教えてもらえるところを探しました。

運良く都市部に住んでたので、某アフィリエイト教室に行くことが叶いました。

そこで感じたアフィリエイト教室のメリットは、

  • 直接先生にすぐ質問できる
  • 講義がない時でもチャットなどで質問できる
  • 同じアフィリエイトの仲間が見つかる
  • アフィリエイトの情報を共有できる

メリットを羅列すると「良さそう!」と感じるかもしれませんが、それに頼ってしまう人はおそらく稼げません

実際に私は通ってみてはじめは行って良かったと思いましたが、ノウハウを得て報酬が出だす頃には、長く通う意味はないということを考えました。

なぜかといえば、仲間がいないとできないというのは言い訳だし、知識が得られると質問することもなくなり、たいていはネット検索で解決できます(たいていは技術的なことだから)。

そして通い続けると収入が増えるかといえば、期間と報酬は比例しないし、稼げない人もいたという現実があります。仲間で3年以上も通っているのに月8,000円以下という人も(月謝分チャラですね)。

役立ったこともあります。通う時は作業に集中できるということくらいです。でもそれも月に数回だから実際はあまり役立ってるとは言えませんが。

逆に、行ったことで感じたアフィリエイトの教室に通うデメリットは、

  • 毎月の支出が痛い(月1万で年12万円)
  • ノウハウ自体は2〜3か月で理解できる(それ以上は必要ない)
  • 聞くことが無くなると月謝を払う意味がない
  • 教えてもらうばかりだと自分で情報収集しなくなる

つまるところアフィリエイトの基本知識は2か月勉強すれば習得できる程度のものです。あとはただただ作業をするかのほうが大切なので、毎月お金を払う塾みたいなところは必要ないと思います。

確かに法改正や検索アルゴリズムの変化、売れ筋商品の変化によってやり方も微妙に変化していきますが、それに関しては聞かなくともアフィリエイトをやりだしたら自分で調べられるようになっています。

なので、筑紫郡でアフィリエイト教室を探すよりも、基礎をびっちり詰め込んだ教材で勉強するほうが、初期費用が少なく済むし、自分で稼ぐ能力もつきます。

>>最新のアルゴリズムに対応!新しいアフィリエイト「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトのやり方

アフィリエイトは商品を広めたい企業の代わりに広告宣伝を請け負い、ブログやWEBサイトで紹介し、商品を売った分だけ報酬がもらえるということになっています。

細かくは企業とアフィリエイトする人との間にASP(広告代理店みたいなもの)が入って、ASP経由で報酬をもらうという仕組みです。

わかりやすく言えば、商品をたくさん売りたい企業と広告を担当する代理店(ASP)があって、アフィリエイトする人は広告代理店の下請け業者的な役割と考えればよくわかります。

ASP(代理店)も複数社ありますが、初心者はA8netが無料登録できて商品数も多く安心です。

>>超初心者でも始められる「下克上(MUGEN)」はこちら

アフィリエイトの方法はいくつかタイプがあるのでご紹介しますね。

WEBサイト・ブログ運営型

一番オーソドックスなやり方は自身で作ったWEBサイトやブログで商品を紹介するやり方です。

すでにあるアメブロやライブドアブログなどの無料ブログを使ってもいいですし、自分でサーバーを借りてWEBサイトを作るというのが基本です。サーバーと言っても月500円からレンタルできますし、wordpressのインストールも無料でできるものがありますから、ランニングコストも少ないということがわかるでしょう。

あとは、紹介したい商品を実際に使ってみた感想などを記事にしてブログを作っていきます。

例えば筑紫郡の名物である「筑紫郡クッキー」という商品を紹介する場合は、

「筑紫郡クッキーを実際に食べてみた感想」

「筑紫郡出身者がこぞってお土産に持ってくる銘菓とは」

「筑紫郡出身としては筑紫郡クッキーを家族に勧めないわけにはいかない」

「贈り物に最適!筑紫郡名物のクッキーは誰もがハマる美味さ」

「筑紫郡に生まれてよかった!筑紫郡クッキーがない人生はつまらん」

というような内容の記事を更新して筑紫郡クッキー公式サイトに送客します。

こうして報酬の上がるブログが作れれば、それが資産となり実質何もしなくても収益が上がるようになります。さらに、そのようなブログをたくさん作成すると報酬は足し算式に増えて、今貰っている月収を超えることも夢ではありません。

>>最速で稼げるブログを作れる「下克上(MUGEN)」はこちら

SNSを使ったやり方

自分がtwitterやインスタグラムなどでフォロワーが多く拡散が期待できるときは、投稿で商品を紹介することもできます。

ですが、上記のように筑紫郡クッキーを売る場合、フォロワーがそれを欲しがっているかどうかは、商品ジャンルやフォロワーの年齢、性別などで変わってくるので売るのは難しいこともあります。

フォロワーが相当数いて、インフルエンサーくらい発言力があれば可能かもしれませんが、そういう人はすでに他で稼げるんじゃないでしょうか。

広告費を出す方法

広告でアフィリエイトというのは、ヤフーやフェイスブックなどの広告に広告費を投じてアフィリエイト商品を紹介する方法です。

自分が販売者でないのに広告費を出して宣伝するのは変な話なんですが、企業としてはどんな形でも売れればいいので利害関係は一致しています。

しかし、企業自身がその商品の広告を出している場合は、広告費の競争になってしまうので、アフィリエイトでネット広告を禁止している商品もあります。

検索順位を上げずにネット広告(お金)で強引に売るというのは労力こそ少ないですが、広告費とライティング能力がかなり必要になります。

アフィリエイトが初めてなのに大きな投資でネット広告を出すのはリスクが超高いのは容易に想像できます。

>>広告費なしで最大のアフィリエイト報酬を得る「下克上(MUGEN)」はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アフィリエイト塾のメリットとデメリットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!